犬を飼う前にどうしても皆さんこんなことを想像してますよね・・

しかし、実際は、

手を近づけたら噛みつかれたり、

チャイムや来客に吠えたり

散歩で引っ張る(おまけに人や犬に吠える)

・・かなりつらいですよね。

実際、彼らも好き好んで吠えたり噛んだりしていません。

吠えたり噛んだりしないと自分の安心・安全が脅かされるからです。

人と犬は会話で理解しあえることができません。

そのため言葉の説得で彼らの吠えたり噛んだりといった人にとって困った行動をやめさせることはできません。

しかし、私たちのちょっとした犬の接し方や彼らを取り巻くものを変えるだけで人にとって困った行動は無くなります。

私たちや周りの物事を変えないで犬だけを変えることはできません。

大切なのは私たちが正しい犬との接し方と彼らにとって居心地のいい場所を用意することです。

ネットや書籍にはいろいろな情報があります。

しかし、ありすぎることでどれが自分と自分の犬にあっているのかわからず困っている人も多いのではないでしょうか。

また、2~4か月の社会化期を過ぎた1歳以降からのトレーニングは遅いといわれていますが、私はそうは思いません。

今まで多くの1歳以上の犬と飼い主さんがトレーニングを頑張ってきました。子犬の時よりも時間はかかりましたが困った行動は減ってきました。また、飼い主さんが適切な接し方や犬の行動パターンを理解するようになり吠えたり噛みついたりといった行動が起こる前に事前に対応できるようになりました。

自分と自分の犬にあった生活環境とトレーニングを知りたいと思った方は一度カウンセリングを受けることをお勧めしてます。

当しつけ教室ではカウンセリングで今すぐできるアドバイスやトレーニングの内容をお話しています。

気になる方はこちらまで・・