東日本大震災以来、地震以外でも様々な災害で避難所に行かなくてはならないに状態が発生しています。

決してテレビや新聞だけの世界ではなく、明日私たちの地域で起こってもおかしくないことです。

もし、災害が発生して避難所に行かなくてはならない時、きっとワンちゃんも一緒に連れていくはずです。

自治体では災害発生の際は、飼い主が愛玩動物(犬や猫)と一緒に避難所へ行く「同行避難」が原則となっています。

しかし、突然の災害は人にも動物にも大きなストレスがかかります。そして、避難所はたくさんの知らない人や動物たちもいるのです。

残念ながら、今までの災害で避難所で愛玩動物と一緒に避難しようとしても、犬が苦手な人や犬が吠えるため居づらくなり避難所で生活することができなかった方もいらっしゃったそうです。

そんな時はクレートが大活躍するのをご存知でしたか?


(c) .foto project

普段からクレートで休めることができていれば、避難所などの慣れない環境でも、慣れ親しんだ囲われた場所があることは、犬に安心を与えることができるし、飼い主さんにとっても抱えたり、リードを四六時中持っておく必要がなく管理しやすくなります。また、犬が苦手な方に対しても姿が見えない事で配慮できます。

環境省では「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」があります。

クレートに関してだけでなく、災害時に飼い主が取るべき対策や日ごろから気をつけておくべきことが記載されています。必見です。