犬を飼っている人にとって犬も人もストレスなく生活するためにはしつけは不可欠です!

と言っていますが、実際何から始めたらいいの?という壁にぶつかるのではないでしょうか。

ずばり!最初はトイレトレーニングです。

 

トイレトレーニングがうまくいくと飛びつきや噛みつきなどの人にとって困った行動の解決にもつながります。

トイレトレーニングがうまくいけば犬のしつけの半分以上の悩みが解決できるといっても過言ではありません。

 

以前私が子犬の時から一緒に過ごしていた犬の話です。

やってきた当初から興奮するとどこでも排泄をし(俗に言うウレション)、トイレシートを敷いても違うところでしていました。(もちろんシートだけを敷いたらビリビリ破る始末・・)

このままではノイローゼになると思い、本格的にトイレトレーニングを始めました。

「本格的」と言っても、方法はシンプルなのでコツさえつかめば犬もすぐ覚えてくれます。

8か月の時に始めたので最初はうまくできるか心配していましたが、私の場合は1カ月もしないうちに失敗も少なくなり、徐々に望んでいる場所でトイレをするようになりました。

家族になった2か月のころに始めればもっと短期間でできたことなので、早く始めればよかったと後悔しています。

 

犬時は成犬より排泄回数が多いことと、上手にほめて教えれば覚えが早いことを考慮するとトイレトレーニングのはじめ時は年齢が若いほうがいいです。

 

トイレがうまくいかないとケージに入る時間が多くなりストレスがたまり吠えや噛みつきといった行動を起こしやすくします。

 

子犬から迎えた場合トイレトレーニングを最初にすることをお勧めしています。

 

「でも、トイレってどうやって教えたらいいのかわからない」

といった悩みをお持ちの方、当しつけ教室ではカウンセリングの時にトイレトレーニングの説明をしています。

カウンセリング・レッスンについてはこちら

 

 

 

オンラインも対応しています。