大雨、台風そして地震。災害時に自宅を離れないといけない状態になったとき、ペットと生活している私たちは飼い主としてペットと共に避難しないといけません。(同行避難)

しかし、同行避難といってもすべての避難所の住居スペースでペット同伴ではない人たちと滞在できるわけではありません。

熊本の震災でもペットと避難する「同行避難」とペットと一緒に住居スペースで滞在できる「同伴避難の情報が混乱していたそうです。

恥ずかしながら私も同行避難が避難所で問題なく滞在しても良いと思っていました。また、避難所では吠え声・トイレ・抜け毛等の問題でトラブルもあったそうです。

これらを踏まえ、犬を飼っている人たちは日ごろからしつけやマナーに関して気をつけなければなりません。

長くなりましたが、これらかが本題です。

避難所では人命が第一でペットの分の物資は期待してはいけません。環境省のペットガイドラインでもペットの物資は飼い主が用意するよう提唱されています。

ボランティアの方々が食べ物などを用意してくれている避難所もあったようですが、東北の地震では震災直後のペットの支援物資の運搬車が緊急車両として認められず届かなかったという事例もあります。

今回は環境省のホームページでペットとの避難に関するガイドライン「備えよう!いつもいっしょにいたいから」をご紹介します。

表紙

この中には避難時のマナーや心得、そして避難時に必要なものも紹介されています。

参考にしていただくと嬉しいです。私もこれを元に愛犬ジャイアンの避難グッズを用意しようと思います。