当しつけ教室には様々な理由でご連絡をいただきます。ほとんどの方が、

「散歩の時犬の引っ張りが強い」
「散歩の途中ですれ違う犬・人・自転車に吠える」
「体を触ろうとしたら噛みつく」

など犬の困った行動に対するお悩みでご連絡をいただく飼い主様です。

最初のカウンセリングでお話しを伺うとほとんどの飼い主様は、
「うちに来た頃(2か月~6か月頃)は大人しくていい子だったのに1歳ごろから困った行動が目立ってきた
とおっしゃいます。

犬は一年で人間で言うと15歳ぐらいになります。
ついつい人間の成長と同じように考えてしまいがちですが、犬の場合だと1歳で中学生や高校生の青年だと考えなければなりません。
私たち人間は15年生きている間に様々なことを経験して学習してきます。
そう考えると、犬の1歳までの時間はたくさんの事を経験・学習(しつけ)しなければならない時期なのです。

最近では、「犬を初めて飼うので基本的なしつけを教えてほしい」や「いたずらや困った行動が目立っていない子犬のうちにしつけをしたい」といった飼い主さんも増えてきました。

大げさな話になるかもしれませんが、子犬の時期から犬を家族に迎える時は最初の一年は多くの時間を犬に費やす必要があります。
しかし、適切な経験や学習(しつけ)をしていくことでその後の生活(小型犬だと約15年、大型犬だと約10年)の長い年月は犬も人間もお互いが安心した生活を送れることができます。

当しつけ教室は犬の困った行動の改善だけでなく、問題が起こらないための予防としてのしつけにも力を入れています。
当しつけ教室のしつけレッスンを通して、たくさんの飼い主様と犬がお互い幸せな生活を送れることを願っています。