・チャイムの音や来客に吠える
・犬のからだに触ろうとすると噛みつく
・散歩で他の犬とすれ違う時に吠える
・自転車やバイクが苦手で散歩に行きたがらない

上記の悩みを実際に感じていたり、周囲の方から聞いたことがありませんか?
実は、これらの悩みの多くは、「子犬のときに経験していない」または、「子犬のときに嫌な経験をした」ことが原因とされています。

本来、犬は3週齢~4か月の幼い時期に母親や兄弟犬から犬社会のルールを学んだり、人や様々ことに触れることで、人間社会の様子を学んで、新しい知識を吸収していきます。
この時期(3週齢~4か月)を社会化期と呼んでいます。

この社会化期に子犬に社会化というしつけをしっかりと行うことで【不安】の感情を抑えることができ、上記のような人間にとって困った行動を少なくすることができます。

困った行動に悩んでご連絡をいただく飼い主さんのほとんとが、「家に来た2か月ぐらいの時は大人しく生活していた」という方です。

しかし、ほんとはその大人しい時に適切な社会化のしつけをしていれば、そのまま大人しい成犬になっていたのです。

ついつい問題がなく順調に成長していると思い「うちの犬はしつけをしなくても大丈夫」とそのままにしておくと、警戒心や恐怖心が芽生える4カ月以降に困った行動が目立ってしまうのです。

社会化期に十分な社会化を行うことで、最初にお話しした問題行動を防ぐことができます。

人間社会で快適に暮らしていけるかどうかは、一生に一度しかない社会化期にどれだけいろいろな経験(社会化)をして過ごしたかにかかっていることを忘れないでください。