皆さんは、「犬のしつけ」のイメージって、どのようにお持ちですか?

吠えたり、噛んだり、トイレの失敗・・人間にとって迷惑な行為を改善することがしつけだと思っている方が多いのではないでしょうか?
しかし、犬からすると、これらの行動(吠えたり、噛んだり、トイレの失敗・・)は当たり前の行動なのです。

例えば、吠える理由として言えるのは、犬は警戒心が強く縄張りを守る本能があります。
だから、他人(来客)が自分の縄張り(家)に入ってくると吠えるのです。チャイムに吠えるのも、チャイム=来客のイメージがあるためです。
他の行動(噛んだり、トイレの失敗・・)に関しても犬の本能から考えると理由が説明できます。

「本能ならしょうがない・・あきらよう」と思ってはいけません。

彼らに、何をしたらいいのかを教えてあげればいいのです。

困った行動をしているのは人間が何も教えなかったため、犬なりに考えて行動しているのです。
想像してください。
文化も言葉も分からない海外に自分一人が生活しないといけなくなった時、不安と恐怖でストレスのある毎日だと思います。
困った行動をする犬も同じような感情で生活しているのです。

当しつけ教室が考えているしつけとは、
犬に人間社会のルールやマナーを教えて、人間と犬が心地よく暮らせるようにするためのコミュニケーションの一つとしています。

「癒された生活」を求めて犬を飼う人がいますが、癒された犬と一緒にいることで人は癒された生活が過ごせるのです。
まずは、犬に安心した生活を提供(=しつけをする)してください。そうすれば、お互いが不安やストレスのないハッピーライフが過ごせるはずです。