散歩で時々遭遇するのですが、犬と歩いていると、とあるお宅の庭や玄関先にいる犬が私たちに向かって吠えてきます。
ただ歩いているだけなのですが、思わずその場を立ち去ろうと早歩きになってしまいます。
吠える犬の家の前を歩く私たちは決して悪くはありませんが、犬にとっては自分のスペース(家)を守るために吠えているのです。まさしく「番犬」ですね。いぬのわくせい|スライド2

犬は自分のスペース(家)を荒らされたくありません。
荒らされる前に自分から威嚇することで、相手を追い払っているのです。
彼らは「番犬」としての役目をきちんと果たしているのです。
犬からすると家の周りを歩いている私たちも本当に悪い泥棒も同じなんですよね。

田舎の広々とした家や集落なら、それでいいのかもしれませんが、住宅街や集合住宅だと、そうはいきません。
また、24時間犬は家を守るために、いつも神経を研ぎ澄ませないといけない環境は、犬にとっても苦痛になるはずです。
未だに番犬として犬を家族に迎える人がいますが、個人的には、犬に頼るよりセコムやアルソックに頼ったほうがいいと思っています。

今すぐ対応できる方法としては、

  • (外飼いの場合)人通りの多い場所でなく、家の裏で休ませる
  • (室内飼いの場合)窓ガラスや遮断シートで目隠しをする
  • 犬がくつろげるクレートや犬小屋を用意する

があります。私とジャイアンの話になりますが・・

ジャイアンが家に来て1年半ほどは人通りの多い玄関にサークルとクレートを置いていました。
そのためちょっとした物音や人影で吠えていました(ひどいのは年末年始の火の用心)。
しかし、クレートを家の奥のリビングに移動したら、驚くほど吠えなくなりました。
物音も聞こえなくなったし、小さい頃から寂しがりやな性格だったため、玄関より家族が近くにいるリビングのほうが彼には安心できたのかもしれません。