当しつけ教室は「ほめるしつけ」をモットーに人と犬が快適に生活できるお手伝いをしています。

最近は怒鳴ったり叩いたりすることを望まない人も多くほめてしつけをしたいという方も多くいます。

しかし、ほめているのに吠えたり、噛んだり、トイレを失敗するなど人にとって困った行動がなくならないでご連絡をいただく飼い主さんが多くいます。

カウンセリングでお話を伺うとトイレやオスワリ等が上手にできたときにほめてなでようと手を出すと逃げたり手を噛み付くそうです。

毛で覆われている犬の皮膚は体の保護・体温調節(保温)・感覚機能があります。

犬にとって体に刺激が加わることは私たち人間以上に敏感に感じるのです。

ですから加減や速さを考えないと苦痛に感じる場合もあります。

残念ながら、なでたり、顔を近づけたり、人がほめているつもりの行為が犬からすると必ずうれしいこととはいえません。

人それぞれ好みがあるように犬にもそれぞれ好きなものが違います。なでられることが好きな犬もいれば嫌いな犬もいます。

 

人の勝手な思い込みだけでなく犬にとってうれしいご褒美を見つけることが「ほめるしつけ」にとって大切なことです。

「うちのワンちゃんは何がうれしいのかどんなときが楽しいのか分からない。」とお悩みのときはプロと一緒に探すことをお勧めします。

詳しくはこちらまで・・